スマホでAndroidのアプリ開発を始めるのに

Androidアプリを作るのに、まず、パソコン上で動くJavaアプリを作成するための開発キット、Java Development Kit」(JDK)と、Android開発ツールセットのADT Bundleの、二つの開発ツールが必要となります。
初期状態だとエミュレータの端末設定が存在しないため、「Android仮想デバイスマネージャ」で「Android仮想デバイス」の設定を追加します。
また、Android SDKの「tools」フォルダと「platform-tools」フォルダにパスを通すことで、Android SDKのコマンドラインツールが利用できるようになります。

Androidのアプリ開発委託会社

プロジェクトを作成するには

まず、Eclipseのメニューから、ファイル→新規→プロジェクトを選択し、アプリケーション名、プロジェクト名、パッケージ名、さらに各種設定を指定します。
これ以外、アイコンやアクティビティを作成するかどうか、プロジェクトの作成場所の設定も行います。
例えば「Good Morning!」という文字を表示するプログラムを作成するとします。
この場合、2つのソースコード「Good Morning.java」「goodView.java」で構成され、このソースコードをプロジェクトに追加します。
パッケージエクスプローラの「AndroidManifest.xml」を選択すれば、マニフェストファイルの編集ができます。

アプリの実行まで

これを、エミュレータで実行します。
Eclipseのメニューから実行→デバッグの構成を選択し、次に、ツリーの「Android アプリケーション」を選択します。
新規の起動構成ボタンを押し、Androidタブでプロジェクトに「Good Morning」を指定します。
ターゲットタブで「デバイスを選択するときに常にプロンプトを表示」を選択してデバッグボタンを押し、次に、先ほど作成したAndroid仮想デバイスを選択しOKボタンを押します。
エミュレータが起動したらロック画面を解除し、アプリが実行されます。