ネイティブアプリ、ハイブリットアプリが開発できるツール

AndroidアプリやiPhoneアプリなどを開発するためのツールはいろいろとありますが、AndroidとiPhoneの両プラットフォームで動作するアプリは、ハイブリットアプリと呼ばれます。
ハイブリットアプリを開発する際、HTML5,JavaScript,CSSなどの言語がよく使用されますが、複雑な処理だと動作が遅くなることから、androidの場合java、iPhoneにはobject-Cなどのネイティブアプリ開発言語が併用されることが多いものです。

言語処理が簡単なツールは?

PhoneGapは、ハイブリッドアプリケーション制作フレームワークでも、一番知名度があるものの一つで、Objective-CやJavaを書かずに、Webアプリケーションの技術によりネイティブアプリケーションを作ることができます。
Appery.ioは、ドラッグアンドドロップで簡単にアプリが作成出来、iOSやAndroid用プログラムとして書き出しが可能となっています。
ブラウザ上で開発からテストまで実行でき、UI作成やテストも簡単にできます。
Appcelerator Titanium Mobileは、Objective-CやJavaなどの開発言語の代わりにJavaScriptを使ってiOS・Android向けのアプリケーション開発ができるソフトウェアです。
Monacaは、HTML、CSS、JavaScriptを使ってスマホやタブレットで動作するアプリが簡単に作成できます。
アプリ開発環境をクラウドサービスとして提供し、必要なものはWebブラウザだけで、開発環境のインストールや設定開発なしにアプリ開発が始められます。
Monacaで作成したアプリは、iOSでもAndroidでも動作するので、iOSとAndroid用に作り直す必要がありません。

より高度なアプリ開発のために

Coronaは、Android/iOS向けのマルチプラットフォームアプリケーション開発のためのフレームワーク及びSDKです。
画面へのコンテンツ描写が処理の中心となるアプリケーションの開発に向いています。

参考記事:
iOSアプリ、Androidアプリの定番の開発ツール